地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、小松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

小松の地域情報サイト「まいぷれ」小松市

Cute Movies

LOVE×DOC

運命の恋、遺伝子で診断します!

5月11日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー<br>(c)2018『ラブ×ドック』製作委員会
5月11日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
(c)2018『ラブ×ドック』製作委員会
LOVE×DOC

監督・脚本:鈴木おさむ 
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
アートディレクション:飯田かずな

キャスト:
吉田 羊
野村周平 大久保佳代子 篠原篤 唐田えりか
川畑要(CHEMISTRY) 山田純大 音尾琢真 大鶴義丹
成田 凌/広末涼子、吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏

ストーリー

「人生に無駄な恋なんてない」
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。
そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。
ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。
人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。
そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、
特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?
果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?
いくつになっても恋をしたい!人生を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

作品概要

本作は、放送作家として数々の人気バラエティを手がけるにとどまらず、「芸人交換日記~イエローハーツの物語~」「ブスの瞳に恋してる」などの小説・エッセイの執筆や、『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』など映画の脚本でも活躍する鈴木おさむの手による完全オリジナル作品。脚本を自ら執筆するのはもちろん、本作では遂に映画監督デビューも果たす!少女マンガが原作の10代・20代向けの恋愛映画が人気を博している昨今、「大人も楽しめるラブムービー」をオリジナル脚本で作りたいという監督とプロデューサーの熱い思いの下、本企画が実現!

主演のパティシエ・剛田飛鳥を演じるのは、吉田羊。テレビドラマ「HERO」でのブレイク以降、数々の映画・ドラマ・CMに出演、舞台で培った確かな演技力と美貌に加え、知性と親しみやすさを兼ね備えたキャラクターで、押しも押されぬ女性が憧れる人気女優となった。映画では初の単独主演、待望のラブストーリーとなる本作では、出会い多き女でありながらいつもうまくいかず、恋に仕事に悩みが尽きない等身大の女性像を演じる。
そんな飛鳥(吉田羊)を取り巻くキャストも超豪華で超異色!まずは恋の相手となる年代も様々な3人には、飛鳥の経営するスイーツショップ「trad」で働くひと回り以上年下のパティシエ・花田星矢に野村周平。飛鳥と不倫するスイーツ店のオーナー淡井淳治に、自ら吉田羊ファンであることを公言している吉田鋼太郎。飛鳥の友人が通う整体ジムのトレーナー野村俊介に玉木宏。
飛鳥の親友であり、未婚のシングルマザー・細谷千種役には、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子。遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】の院長・冬木玲子役には、広末涼子。その冬木の元で働く、桜木美木役には、成田凌。
そのほか、飛鳥や星矢の同僚に篠原篤、唐田えりか、飛鳥と野村が訪れる卓球BARの店長役には、邦画初出演となる川畑要(CHEMISTRY)。他にも音尾琢真や大鶴義丹、山田純大などベテラン俳優たちも脇を固める。

今までにないキャスト共に、スタッフもあらゆる分野から集結!主題歌及びミュージックディレクションを手掛けるのは、加藤ミリヤ。デビュー後“女子高生のカリスマ”と呼ばれた存在から、ファンと共に大人の女性に成長したラブソングの女王が、映画全編に渡って大ヒット楽曲を提供!描き下ろしの新曲も主題歌として流れます。
アートディレクターには『ラブ★コン』(06)、『ハンサム★スーツ』(08)などでポップなセンスをさく裂させた人気フォトグラファーの飯田かずな。他にも「アートアクアリウム」という独自の分野を確立させたアートアクアリウムアーティストの木村英智、スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者、現代美術作家の渡辺おさむ、手書きのイラストで独特の世界観を構築するイラストレーターのShogoSekineなど各分野のトップクリエイターが集結。映画自体に彩りを加えている。

人気のキーワード