地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、小松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

小松の地域情報サイト「まいぷれ」小松市

小松市で初詣!神社・お寺特集

安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ) [小松市安宅町]

パワースポット「神亀石」、御利益「難関突破」「開運厄除」「交通安全」「縁結び」

古くより陸・海路の要所として栄えた北国の港、安宅の地に祀られる安宅住吉神社は「安宅の住吉さん」として親しまれています。
その名は古典にもしばしば見られ、北陸道往来の人々が必ず詣でた古社で、古来、人生における道先案内の神、また全国唯一の難関突破の守護神として多くの信仰を受け、「縁ありて社頭に詣づる人、誠を込めて神前に祈りを捧げば、その祈りは必ずや成就されん。」と云われています。

正月には年頭祈願を行い、ご家族の一年間の家内安全、開運厄除、商売繁昌のお祓いを随時行っています。
祈願されました方には、当社伝来の厄除面を授与しております。
●1月1日~1月15日 祈願料5,000円以上

難関突破

【全国唯一】人生の難所、難関突破のお守り
【全国唯一】人生の難所、難関突破のお守り
人生には、時として難所難関が立ちはだかることがあります。
今からおよそ800 年前、安宅の関で兄頼朝に追われて落ちのびる悲運の武将義経をかばう弁慶。知りつつ逃がす関守富樫。日本海を背に、感動のドラマがありました。以来、歌舞伎 十八番の一つとして今日まで受け継がれた勧進帳の物語。
安宅住吉の大神のお助けにより、一行は難関の『安宅の関』を見事突破します。
皆様やご家族が難所、難関を乗り越えようとされる時このお守りにより必ず難関突破の御神徳を授けて頂けます。

厄除面

5,000体作成
5,000体作成
安宅住吉神社ではこの面からかたどったものを正月参拝に訪れ祈祷した方々に、開運厄除・家内安全の縁起物として授与いたします。
面がその家の厄を吸い取り、色が黒ずむと云われています。毎年、春先に和紙を三回重ね張りして作っておいた型に、下地を塗り、目・口を描き丁寧に一つ一つ手作りしていきます。手のひらにすっぽりおさまる大きさのお面です。

パワースポット

神亀石
神亀石
亀は住吉さんのお使いであるといわれています。安宅住吉神社には、ある大亀が石に生まれ変わり、永久に住吉さんにお仕えすることになったという神話があり、現在では「神亀石」として祀られています。
亀の背を左右左と三たび撫でて神前に祈りをささげた人は延命長寿と末広がりの幸福を招くと語り伝えられています。
名称 安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ)
所在地 小松市安宅町タ17
御利益 開運厄除、交通安全、縁結び、難関突破
パワースポット 神亀石
参拝期間 元旦~1/15
駐車場 無料 500台(正月期間中の臨時駐車場含む)