地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、小松の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

小松の地域情報サイト「まいぷれ」小松市

長保屋茶舗

茶舗・日本茶専門店

江戸時代創業 12代にわたる加賀茶の起源がここにあります

0761-22-10790761-22-1079地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「長保屋茶舗」江戸時代創業 12代にわたる加賀茶の起源がここにあります
「加賀はお茶どころ」といいます。長保屋の初代・長谷部理右衛門(りえもん)は北陸でお茶の生産に成功した人物であり、【加賀茶生産の元祖】といわれております。
理右衛門が前田利常公に献上し茶の銘が付けられた【金の薫(こがねのかおり)】【谷の音】は長保屋に代々伝わり、今日12代当主に至っています。

長保屋は江戸時代初期の1652年に創業。
かつて茶問屋を営んでいた理右衛門は、藩内で消費するお茶がすべて他藩からの移入であることを嘆き、自ら茶樹の育成を始めました。そして加賀3代藩主の前田利常公はこの理右衛門の製茶にかける志を喜び、積極的に支援し励ましたといわれています。
【加賀茶】には小松の地域とお茶に対する熱い想いが込められています。
歴史を感じさせる町家の外観と内観「長保屋茶舗」
歴史を感じさせる町家の外観と内観
天皇陛下献上茶「金の薫」
(全国植樹祭にて)「長保屋茶舗」
天皇陛下献上茶「金の薫」
(全国植樹祭にて)
加賀地方独自の【加賀棒茶】は、お茶の葉だけでなく茎の部分だけを均一に浅く炒り上げ、独特の香ばしいかおりとまろやかな味わいが特徴です。
加賀棒茶を長保屋自家工場で炒り上げた棒いり茶【加賀かほり】は、上質の日本料理や和菓子の味との相性も良く、澄み切った味わいがあります。特に、香りを逃がすことなく味わえる【水出し法】がオススメです。
透き通った琥珀色の【加賀かほり】「長保屋茶舗」
透き通った琥珀色の【加賀かほり】
【理右衛門庵】地元の女子高生が看板の文字を書きました「長保屋茶舗」
【理右衛門庵】地元の女子高生が看板の文字を書きました
小松の古い町並み通りにある長保屋の店舗は茶壺とのれんのある伝統的な町家です。
休憩所やギャラリーとして使える【理右衛門庵】も開放しております。
どうぞ気軽にお立ち寄りください。

長きにわたる加賀の文化を、お茶を通して味わってみてはいかがでしょうか。
名称長保屋茶舗
フリガナチョウボヤチャホ
住所923-0926 小松市龍助町81-1
アクセスJR小松駅西口より徒歩10分
電話番号0761-22-1079
ファックス番号0761-24-5202
営業時間9:00~19:00
定休日不定休
駐車場あり
関連ページホームページ
Facebook
ジャンル
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

近くのお店・施設
近くで開催中または開催予定のイベント
お店・施設を探す

人気のキーワード